採用されやすい

アルバイトの働き方とは?

高校生になり年齢制限もクリアしたからアルバイトを始めた、と高校生のときにバイトデビューをする人は多くいます。空いた時間を有効に利用してお金を稼いだり、お金を稼ぐ大変さなどを学ぶことは大きなメリットであるといえます。ひと言にアルバイトといっても雇用形態は1つだけではなく、また他にはどのようなメリットがあるのかはあまり知られていません。そもそもアルバイトは契約が無期限にある訳ではなく、有期雇用という雇用形態であることがほとんどです。とはいっても働きがアルバイト先から認められている場合、自動的に雇用契約が延長されることが多いといいます。

しかし契約を延長するのかしないのかという選択ができるのは、あくまでもアルバイトをしている本人次第であることは忘れてはいけません。また雇用時間については多くのアルバイト先がシフト制を取り入れているので、自分が望む時間があるのであれば勤務したい時間帯に希望を出すことが可能であり、アルバイトをする上でメリットといえます。また正社員のように1日の勤務時間が定められている訳ではないので短い時間や、それとは逆にある程度の長時間の労働でも自分が望むのであれば融通が効くこともあります。これらは働く側にとって選択肢の幅がありメリットといえます。

働く意欲を伝えたい!事前の準備は欠かせない

アルバイトとして働くメリットは様々ですが、まずは雇用先のアルバイト先から採用されることが必要です。多くのアルバイト先は履歴書と面接によりアルバイトの採用を決めるといいます。では採用されやすい人とはどのような人なのか、気になりますよね。もし自分が採用する立場ならどのような人を望むのか、そのようなことを考え行動するということも大切であるといえます。まず人として相手を不快にさせない配慮や挨拶などの礼儀は基本です。普段からの行いがふとした瞬間に出ることもあるので、日常的に自らの行動や振る舞いなどを注視することは大切であるといえます。

このようなことを踏まえた上でアルバイトをしたい旨をアルバイト先に伝えますが、電話をかける時間帯が指定されていないか、指定されていなくても忙しい時間帯でないか配慮しなければなりません。言葉遣いは勿論、面接を受けるのであれば指定された時間に遅れずに、そして余裕をもって行動できるようにあらかじめ道を調べておくなど、準備は欠かせません。ほかにも配慮することの1つとして服装や髪型は、清潔感のあるものがおすすめです。面接内容を想定しておくことでどれだけ自分が働く意欲があるのかなど、面接時に落ち着いて相手に伝えることができるので事前の準備は採用されるためにとても大切であるといえます。